最も打ち込んでいるものはキーボードです

漫画とか小説とかゲームとか日記とか雑記とかとかを更新します。

【日記】美少女の幻影

高校生の時の話をしよう。

犬の散歩が面倒だった俺は、なんやかんやとそれを避けていた。

「たまにはアンタが行きなさいよ」

との姉の声にもめげずに。

ある日、姉は言った。

「そう言えば昨日、散歩してたらすっごい可愛い子に会ったよ。最近越してきたご近所さんかな。向こうも犬の散歩中だった。」

それを聞いて俺は、率先して犬の散歩に行くようになった。

運悪く、例の子にはなかなか会えない日が続く。

3日、4日、1週間が過ぎたころ。

俺はようやく悟った。

まんまと騙されたのだと。

ここ最近、毎日散歩に行ったおかげか、愛犬からの好感度だけが俺には残った。

悪くない。

あれから何年も経った今も、俺は愛犬を連れて散歩に行く。